神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いです。

体験集
No.280101
交通事故に気をつけて・前
易者さん
 相談者の体験談から
 

「通りを歩いていたら、テントの中から声を掛けられた。

テント地にむずかしい漢字を一杯書いた易者だ。
そうしょっちゅう、その前を通るわけじゃないけど、その易者のおじさんのテントに座っている人
なんか見たことない。

どうせ外れてんだわ。詩織は無視しようとした。

詩織には、駅ビルに好きな占い師がいる。ゴージャスな衣装を着ていて、気持ちが良いおばさん
占い師だ。こんな薄汚いない易者じゃない。
私まで汚れそう。

「あんた、事故に気をつけた方がいいよ」
「ええっ?」

立ち止まろうとしてやめた。その手で、客を獲得しようとしてるんだ。
詩織は自分でも霊感がある方だと思っているけど、そんな気がしないもの、、。

「うそっ」シカトして去ろうとした詩織。

その背になおも易者は声を掛ける。
「死相が現れている、と言いたいところだが、」思わず振り返った。

しめた、とばかりニタリと笑って続けた。「九死に一生を得るよ」
「えー、何よ、九死に一生って、、」立ち止まってしまった。
「危うく助かる、っ事だよ」
「あっ、ソウ。じゃいいじゃん」はた迷惑な、それなら、声をかけないでよって、言いたかった。

だが、どうも、そういわれると気になるのが人情だ。バスに乗れば、端を避けて真ん中に立ち、
電車の乗れば先頭車両を避けて乗った。

道を歩いていても、絶えず、周囲に気を配って、空から人でも落ちて来ないか?
路地からバイクでも突っ込んでこないか?とまるでスパイ並みに目と気を配った。過剰防衛に
なってしまった。           続く

    



s-14-94-30320
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。


 
20151020掲載|