神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク
  • お問合せ

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いですね。

事例集
No.318
祭りの晩に

今年も知り合いの田代さんが神輿をかつぐというので祭りに出かけた。神輿を見ていると、みんな足並みが揃っているのに、田代さんだけがふらついているように思えた。多勢のうちの一人だから、それほどは影響が無さそうだが、、。

 担ぎ終わって、ちゃわん酒をあおっている田代さんが、はあはあしている。

「どうしたんだい。毎年の威勢の良い兄さんぶりが、今年は見られないねえ」と声を掛けた。

田代さんは僕の袖を引っ張って物陰に連れて行った。

「チクショウ、執念深い奴だ」
「どうしたのさ、田代さん」

「いやね、何年か前。祭りの晩にある女を振ったんですよ。その女の捨て台詞が『私より祭りの方が良いんでしょう。そんな祭り、呪ってやる』ですよ」

「凄いこと言う女性だね」

「それからの祭りで、俺が神輿を担いでいると必ず、目の前にちらちらしやがる」

まあ、田代さんの思い込みもあるかも知れないが、僕は除霊、浄霊して上げた。

来年の祭りの担ぎぶりはどうかな、、。

2009/8/5 掲載|文頭へ戻る
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。

Web Site Produced by LunarWood