神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク
  • お問合せ

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いです。

事例集
No.311
除霊・浄霊編
除霊、浄霊編 殺人アパートの畳換え
幽霊はいまだ去らず

何年か前の除霊、浄霊の話だ。

畳職人の田中さんはあるアパートの一部屋改装のための畳替えを頼まれたそうだ。

その家に行き、古い畳を取り替えることになった。いや、廃棄処分を、という事だった。
人が住んでいない住宅のかび臭さを感じながら、畳に目をやって驚いた。
ひどい染みでその上にかびが生えている。

(古いといっても張り替えればまた他で使用出来るだろう…)と甘く考えていた田中さんはがっかりしながら、とりあえず、古い畳を担いでトラックまで運んだ。

荷台に乗せたのに、まだ肩に乗っている感覚があり、やれやれ、と思いながら一部屋分の畳を運び終わり、ほっとしてトラックを走り出そうとエンジンをかけたとたん、それこそ、走り出したとたん、急ブレーキを掛けて停めた。

目の前をサラリーマン風の男が横切ったからだ。

(チクショウ、驚かせやがって)と思いつつ、横切った先を見たがもういない。

(足の速い奴だ)と思い、もう一度エンジンをかけたが、なんと、今度はかからない。

三度目にやっとかかったが、今度は田中さんの肩が痛くて、ハンドルを握るのもやっとだ。

ついにあきらめて、車を近くのパーキングに停めると、車を降りて、息子に引き取りに来て貰った。

それから約一週間、田中さんは高熱を出し寝込んだ。

思いがけず、リフォーム会社の社長が訪ねて来た。

彼は寝込んでいる田中さんに言ったそうだ。

「田中ちゃん。悪いことしたかなあ。実はさあ、今度の部屋さあ。殺人事件があった部屋でさ。もう何年か前だし、打ち明けて仕事頼むと、田中ちゃん、臆病だから断られるか、と言わなかったんだけど…寝込んじまったって聞いたから、ひょっとして祟りかなあ、と思って来てみたんだ」

更に続けたそうだ。

「アパートの住民に(幽霊を見た)なんて人もいたが、やっぱり、今も出るのかなあ」
かくて、神島の出番となり除霊、浄霊させていただいた次第です。

経を読んでいる時の霊の暴れ方は凄かったですよ。

2009/3/15 掲載|文頭へ戻る
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。

Web Site Produced by LunarWood