神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク
  • お問合せ

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いです。

事例集
No.302
憑依された若い女性

「どうも憑依されたようなのです。見て下さい。来て下さい。除霊して下さい」
というような手紙を若い…23才というから、若い女性から頂いた。

憑依された本人から(来て欲しい、除霊欲しい)という手紙を貰うことは珍しいし、普通、憑依されていたら、それどころではないのだが…念のために、電話したらお母さんが出られて、「某ミュージシャンのライブに出かけてから異常行動に出るようになった…娘が彼に手紙したらしいですが…ともかく至急いらして下さい」と言われ、これは本物だなあ、と除霊に出かけた。

びっくりしたのは、その娘さんは、曲芸でもやるように、身体を海老のように曲げて見せ、紙に字を左手で器用に書いてみせる。

「ヨガか体操競技でも習っているのですか?」除霊・浄霊師、神島は聞いた。

「いいえ…。体育系は苦手な娘です」とお母さん。
「利き腕は左なんですねえ…」神島は聞いた。
「いいえ、右利きです」とお母さん。
「はあ!?」

そこで判明した。

憑依、は本物だ。

一般的に憑依された人は、突然、器用になる。
背中の普段は手が届かない場所をかいてみせたり、利き手でない方の手で字や絵を上手く書いてみせたり…。

あの世の人間に引っ張られると、そうなりがちなのだ。
いや、そうなれる、というべきか…。

憑依された人間は何でも出来てしまうのかなあ、と思うほど、変幻自在のところがある。

なお、どんなにおかしな状態になっても、除霊・浄霊は一つだから、どれが難しい、どれがやさしいは関係ない…。

それよりもどこで憑依され、どうしてその人が憑依状態になったか、の方が重要だ。

浄霊師、神島剣二郎の除霊の仕事はこれから始まる…。
(これから先はプライバシーなので書けませんが、憑依された例の一つ、として出しました。)

2008/11/15 掲載|文頭へ戻る
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。

Web Site Produced by LunarWood