神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク
  • お問合せ

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いです。

事例集
No.295
娘の自殺 交霊と浄霊
哀しき仕事もあるさ、除霊・浄霊記

中川さんは、娘さんが自殺したことを誰にも言えなかった。外聞があるから。

妻子ある男にだまされて、というか、思い通りにならなくて、絶望しての死だった。

他人に「娘さん、近頃見かけませんが…」と聞かれれば、「娘は遠方で暮らしています」とだけ告げた。

父と娘でつましやかに長年暮らして来たのに、神仏はどんな怨みが自分たち父娘にあって、こんなむごい宿命を背負わせるのか、と中川さんはただ、悲しく思うばかりだった。

娘の自殺に関して、あれこれ詮索されると、なおいっそう、惨めになる気がした。

その娘さんが出てくるようになったらしい…幽霊になって…。
「妻子ある男に未練や恨みがあって、浮かばれていないのではないか」中川さんはこっそり相談に見えた。
「除霊ですか、浄霊ですか、やって下さい」

浄霊のために中川さんの自宅を訪問した。

娘さんに合掌して、経をとなえさせて頂こう、と思ったら、仏壇が見当たらない。
仏壇は押入れの中に隠してあった。

不意の訪問者の目から隠したかったのだろう。
同伴した霊能者に霊視して貰った。以下はその読みだ。
「勝手に死んだことを後悔しています。そのことをまずお詫びしたい。向こうの男性にはもはや怨みはありません。彼や彼の家族なりに、私の死については責任を感じてくれて弔ってくれています。それにつけてもお父さんの身が心配です。残りの人生を趣味を持って少しでも楽しく生きて下さい。自殺は恥ずかしいことですが、無理に隠さないで
堂々として下さい。なによりもお父さんの健康を祈ります。ほんとうにすいませんでした。自分の居場所がこの家には無いようなので、寂しく感じています」というものだった。

その話を聞き、神島は、「仏壇は表に出し、他人に聞かれたら、他人といっても中川さんの家の座敷に来る人はそれなりに縁のある人でしょうから、その人に聞かれたら『不肖の娘は先にいってしまいましてね…』としみじみ答えると良いですよ…」

そのような忠告を言わせて頂き、娘さんの霊を浄霊させていただき、中川さん宅を退去した。

2008/2/5 掲載|文頭へ戻る
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。

Web Site Produced by LunarWood