神島 剣二郎 ・・・ 真言宗僧名:隆健 阿闍梨  チベット名:テンジン・ヌーデン(ダライラマ14世より命名)
  • はじめの頁
  • 神島剣二郎紹介
  • 供養とお祓い相談
  • お焚き上げ
  • マスコミ活動
  • リンク
  • お問合せ

神島剣二郎のお祓い・除霊事例集

「ヴァンガ道」「99+、鳥居みゆき」「ほん怖」「アンビリバボー」で除霊した浄霊師です。

東京・横浜・埼玉・大阪・札幌のスピリチュアルな相談が多いです。

事例集
No.294
女房が大変・大浄霊!!
こりゃ大変だ、大浄霊だ!!

知的で、良識的で美しい奥さんが憑依されたらしい、という事で除霊・浄霊に呼ばれて行ってみた。

知的で、良識的で美しい、とわざわざ書いたのは、そういう女性にあるまじき行動に出たからだ。

彼女はご主人の出張について関西に出かけて某ホテルに泊まったらしい。

出張のホテルだからご主人はたいしたホテルじゃない。
こっそり同行した奥さんも、ご主人の手前、一日だけは三流のホテルに泊まり、翌日は合流してゴージャスなホテルに泊まった。

ところで、出張仕事が終わり、奥さんと待ち合わせ観光し、ホテルに入ったご主人は驚いた。

奥さんがまるで外国人の街娼(この言葉、わかるかなあ。こうしか表現方法が無くて…)のように、わめきながら、ベットでご主人に迫ったそうだ。

男性としては、うれしくなくもないはずだが、いつもの知的、良識的な奥さんしか知らないご主人はとまどうばかり…。
常識からかけ離れた言語を奥さんはわめいたらしい…。

つまり、ひわいな、性的な言葉をどんどん口から出したらしい。

ご主人はあまりのことに、恐れを抱き、前夜のホテルで何かあったのではないか?
一夜で性格が変わるほどの事、といえば、霊的な事、憑依されたのでは?と思ったらしい…。

ちょうど、夏の時期でテレビの特番を見ていて、ピン、と来た、という。
というわけで僕の出番となったのだが、憑依された人が、穏やかな老人に憑依された、女性に憑依された、など、一般的な人に憑依されても、性的な言葉をわめくことがある。

この例でも、奥さんは決して、性的な事を言う人に憑依されたのではなくて、憑依されて性的な言葉を吐くようになった、ということなのだが…うーん、上手く説明出来ているかな…。

つまり、人間は一皮向けば動物であり、あの世の世界に入ると、生の人間がむき出しになるのかも知れない。
種族生き残り本能などあって性的な言葉をわめき、異性を呼ぶ、ということから、憑依された人間としては、それを、ひわいな言葉として表現するようになるのか…。

大除霊、大浄霊が必要かな!?
ハッハッハ…(笑い)…説明が難しい…。

2008/8/5 掲載|文頭へ戻る
CopyRight(c) 2009 yuko so All Right Reserved

このホームページの文章・画像・写真などの引用・転載は一切禁止させていただきます。

Web Site Produced by LunarWood